ブログランキング参加中!応援宜しくお願いします!

ガーナのアド大統領がワクチン拒否!『ロックフェラー財団』計画書を入手し暴露。

2020-11-02

ガーナのアド大統領が『ロックフェラー財団』計画書を入手し暴露。
(出典 stat.ameba.jp)
 
【ガーナの大統領が殺人ワクチンと暴露する】

(訳)

親愛なるガーナの皆様へ 
ロックフェラー財団の作成した書類がある人から入手しました。その内容は PDF でウェブサイトにアップされています。
ロックフェラー財団の計画書を一部を選抜して読み上げます。
 

【ロックフェラー・ロック・ステップ計画2010】

(ステップ0)

非常に致死率の低いウイルスを作る

・SARS と HIV のハイブリッドを作る

・フォート・デリックのクラス4の研究所にて、2008年から2013年に研究されていたコロナウイルスは、コウモリには wi-fi のように簡単に広がるのに人間ではなぜそうならないのかという研究だった。そのため受容体である HIV を注入した

(画像)フォート・デリック

【パンデミック・シナリオの作成】

・シナリオとしては自然発生=中国が開発していたウイルスが事故で漏れてしまった。

・ファウチ バークス テッド・クルーズの情報報道者  WHO NIH CDC UN といった組織等がパンデミックが起きた際に報道する。
このパンデミックの間は彼らがシナリオに従って情報をコントロールする。


【世界的ワクチンプラン】

(ビル・ゲイツ10年計画)

・ワクチンの検証 デジタル ID プロトコル教育を立ち上げ資金調達。

・委任が成立したらワクチンプログラムを実施する。ゲイツ ID 2020。

・ロック・ステップ計画と同様に最終的な戦争ゲームとして現実社会のエクササイズとしてワクチンをリリースしタイムラインの予想と成果を見ていく。


【2019年10月、開催されたビルゲイツのイベント】

・武漢の研究所から自然とウイルスを発生させる。時期は2019年11月。

いかなる死因でもコロナウイルスが原因で死亡したことにする

・死者数を膨大に報道し、コロナが原因であったと報告させ、恐怖と命令に従う心理状態を最高に保つ

・市民を不安にさせフードチェーンを崩壊させ深刻な食糧危機を作る

・人々が交流を保たないようにさせ、またマスクの義務化をさせ、バクテリアを減らし、免疫力を下げさせる。

・有効的な治療法(アビガン)を認めさせない様攻撃し、ワクチンのみが有効な治療であると仕向ける

・国民にストレスが溜まるように仕向け、反対デモを起こさせる。

・8月9月でまた死者数を増大させ報道する。他の死因でもコロナが原因と報告させる。

10月11月に第二波の波が到来。約6ヶ月間ロックダウンさせ、怒りの矛先を政府に向ける。信頼しない人々によって反対運動で暴動がさらに激しくなる様仕向ける。

・隔離をさらに強化し、国民にストレスを溜めさせる。違反者には罰金が課せられる。

・旅行不可、軍による大衆への監視強化、食料やガスなどの不足により最低限の買い物しかできない様にする。それも許可を得た場合のみ

☆フェーズ1 
ロックダウンにより世界的に経済を崩壊させ食料難を発生させる。

☆フェーズ2
長めのロックダウンを実施。その間にワクチンを強制させ、反対する者には国家への反逆であると脅す。もう普通の生活には戻れないとワクチンを強要する。

★もし計画に従えば、新しいシステムが手に入り、反対するものは仕事や旅行を制限させられる。

★大衆のほとんどが反対する場合、SARS + HIV + MARSのハイブリッド生物兵器を放つ。致死率30%の強いウイルスだ。これで最終的に大衆を驚かし「ほら言っただろ」と反抗している人々にワクチンを打たせる。

★新しい経済システムを提案 Microsoft の暗号通貨060606これは身体活動のデータを使ったシステムであり、我々がやりたい方に動けば食料、水、住居を得られるようにする。従わなければ必需品が得られず罰則を受ける。従えば得られる。

上記の計画通り、もしかすると日本も11月からロックダウンが始まるかもしれません。
そのタイミングで、レムデシビルも正式に承認されてしまいました。

 

それと同時期に、5Gも普及させようとしているのは何故なのでしょうか?
恐らく5Gが普及して病気が多発しても、全部コロナのせい」にできるからではないでしょうか?
良い方向へ向かうように争わず、意識を高めていきましょう💪

 

1

ブラジル政府は21日、製薬大手のアストラゼネカなどが開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンの 
臨床試験で、参加していたボランティアの1人が今月死亡したと発表しました。政府は臨床試験との 
因果関係を示していませんが、アストラゼネカは「試験の継続が懸念される状況ではない」としていて、 
政府も試験の継続を認める考えを示しています。 

ブラジルの保健規制局は21日、イギリスの製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大学が共同で 
開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験で、参加していたボランティアの1人が 
今月死亡したと発表しました。 

地元メディアなどによりますと、亡くなったのはリオデジャネイロの28歳の医師で、ことし7月から被験者として 
参加していましたが、先月新型コロナウイルスに感染し、今月亡くなったということです。 

ブラジル当局はボランティアの死亡と臨床試験との因果関係について明らかにしていませんが、 
アストラゼネカはNHKの取材に対し、個別のケースにはコメントしないとしたうえで、「医療上の問題が 
起きた場合、規制当局などが評価を行うが、試験の継続が懸念される状況には至っていない」としています。 

また、オックスフォード大学も臨床試験の安全性に問題はないとしているほか、ブラジル政府も試験の 
継続を認める考えを示しています。 

ブラジルではことし6月から臨床試験に参加するボランティアを募集し、アストラゼネカなどの試験には 
5000人以上が参加したということです。 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201022/k10012675061000.html





20

>>1 
治験投与されたのは、プラセボという話だが、そのNEWSがフェイクだろ


【サンパウロ=外山尚之】ブラジル政府は21日、同国で実施されていた、英アストラゼネカとオックスフォード大が開発中の新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験(治験)の参加者が死亡したと明らかにした。地元メディアはワクチンではなく、プラセボ(偽薬)を投与されていたと報じている。 

新型コロナに感染した28歳の男性が19日までに死亡したという。大手地元紙グロボが報道し、審査当局である国家衛生監督庁(ANVISA)が認めた。 

ANVISAは「調査手続きの最中だ」としており、倫理面での守秘義務を理由に詳細を明らかにしていないが、グロボは関係者の話として、死亡した男性が投与されていたのはプラセボだと報じている。ワクチンそのものの安全性に問題は無いとして、治験は継続される見込みだ。 

アストラゼネカととオックスフォード大はブラジルでの治験を6月に開始している。 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65300710S0A021C2000000/ 

5

薬の開発って大体こんな裏話が出てくる

7

新型コロナ:英社製ワクチンの治験参加者が死亡、ブラジルで: 日本経済新聞 
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO65300710S0A021C2000000?s=0 

> 地元メディアはワクチンではなく、プラセボ(偽薬)を投与されていたと報じている。

63

>>7 
これってアストラゼネカかCROしか知らない情報だよね? 
誰がリークしたんやろ?

66

>>7 
それ重要な情報じゃんw

56

下朝鮮じゃインフルエンザワクチンでもう24人もくたばったようだぞ

57

>>56 
あれ、インフルエンザワクチンと偽って 
新型コロナワクチンの試作版を射ってたのでは?w