ブログランキング参加中!応援宜しくお願いします!

『マイケル・ジャクソン』の生存を確認?

マイケル・ジョセフ・ジャクソン(Michael Joseph Jackson、1958年8月29日 - 2009年6月25日)は、アメリカ合衆国出身の音楽家、ダンサー、俳優。人類史上最も成功したエンターテイナーである。1989年以降、一般的に「キング・オブ・ポップ」と称されている。
81キロバイト (9,478 語) - 2020年10月12日 (月) 07:01
『マイケル・ジャクソン』の生存を確認?
(出典 www.crank-in.net)
マイケルは生存しいる?

その1
この映像は、ファンがマイケルの最後を見届けようと少し離れた場所から撮影。
 亡くなったはずのマイケルだが奇妙な事に、マイケルと思われる男性が救急車から自分の足で降りて歩いてる姿を撮影したという。
 

 
 
その2

 

この動画の人物は、マイケルが育てたとされているのだが、声がマイケルの声とソックリである。名はデイブデイブという。


その3
棺桶に入ったマイケルの写真ですが、左の人物の風景と全く同じ写真が使われた合成写真だと噂されています。
また、マイケルが棺に入ってから埋葬まで一度も開けられていない点も生存しているのではないか?と憶測に拍車が掛かった。
 
 
その4
マイケルが亡くなった後、世界各地で彼の姿を目撃。似てる様な似てない様な微妙な写真てはあるが、顎が割れてる辺りや、眉毛がソックリである。けれど本当に生きているのなら、喜ばしい事である。

 

1
 
FSB筋はメデベージェフ大統領に、マイケル・ジャクソンは“ほとんど間違いなく”アメリカのCIAによって暗*された、と報告している。 

ロシア軍コスモス2450衛星が“決定的に”示すことは、ロサンジェルスでのスーパースターの*直前、 
ソ連時代アメリカに盗まれたEMR兵器の型の電磁波パルスがマイケルの自宅に照準が合わせられて使用されているということだ。 
CIAがマイケル・ジャクソンを暗*さる理由については、このFSBの報告書によれば、去年の11月にロンドンでマイケルがバハレーンの首長の息子で あるシェイク・アブドゥラ・ビン・ハメド・アル・カリファ氏と交わした契約の非公式の取り決め(http://www.reuters.com/article/entertainmentNews/idUSTRE4AM2B320081124)内容にある、と言う。 

 マイケルもアル・カリファ氏も、オーストリアの恐れを知らない調査ジャーナリストであるジェーン・バーガーマイスター女史の長い間の支援者である。彼女は世界に向かって人類史上最大規模の犯罪が進められようとしていると警告している人物である。 

 「ジェーン・バーガーマイスター女史は最近FBIと共に以下の人々に対する刑事責任を申し立てた。 
世界保健機構、国連、その他政治家や会社役員で、生物テロと大量虐殺計画にかかわっている者達だ。 
彼女はまた強制ワクチン接種に対してもその禁止命令を準備している。 
こういった行動はバクスターAGとアビール・グリーン・ヒルズ・オーストリア生物工学社に対して、その汚染された鳥インフルエンザ製造に対して申し立てられた一件に続くものである。 
彼女は、こうしたことが、パンデミックから利益を得ようとする入念に計画された陰謀である、と言っている。 

それは、数百万ドルの契約料を前払いする代わりに、マイケルがイギリス公演を、これから起きることになっている大量虐殺事象に対する警告の“機会”にすることに同意しているというのだ。 

http://groups.google.co.jp/group/rael-science-japan/browse_thread/thread/e64f5b62e980ffd3/ 





16

ジョンレノンだってCIAに都合の悪いから*れたんだろうね 


(出典 img.barks.jp)

 

動画 マイケル・ジャクソンはCIAに暗*れた! 

 

3

David Hambling 
最近になって機密指定の解除を受けた非殺傷兵器の生物学的効果に関する米 
軍の報告書によって、「光線銃」装置の異様な計画が明らかになっている。 
人々に人工的な発熱をもたらしたり、脳内に音声を発生させたりするという 
ものである。 
「選択的非殺傷兵器の生物的効果」と題されたその報告書は、米国情報自由 
法にもとづいて公開されており、このウェブサイトにて入手可能となってい 
る。(pdf形式)国防総省はNew Scientist誌に対し、ドキュメント類の公開 
と、そこで述べられているマイクロ波やレーザー波、音波を用いた5種類の 
「ぬかりなき非殺傷兵器」の詳細について認めている。 
米国メリーランド州フォートミードにある米国陸軍情報・保安司令部が公開 
した1998年作成の報告書の内容によると、群衆をコントロールしたりその他 
の応用のための指向性エネルギー兵器に関する当時の最先端技術の概要が述 
べられている。 
▼耳に聞こえる言葉 
数ある技術の中には概念的なものもあり、てんかんを患う人々が経験するよ 
うな発作を引き起こさせる電磁波といったものが含まれている。その他には、 
人々の耳に直接言葉を「ビーム」として送り込むマイクロ波の銃があり、実 
際に実験も行われている。人の耳に聞き取れる音を生み出させるために、い 
わゆる「フレイ効果」を利用し、至近距離でマイクロ波を用いて研究室の向 
こう側にいるボランティアたちの耳に1から10までの数字を送り、聞き取っ 
てもらうという研究に用いたと主張している。 
米国海軍は2004年、フレイ効果を利用して群衆の耳に「不快な」音をもたら 
す、という研究に資金供給している。 
また報告書では、人体を加熱することによって「人工的な発熱」を引き起こ 
して不具にし得るマイクロ波兵器にも触れている。この考えに関する実験に 
は触れられていないが、必要な装置類は「すぐにでも入手可能なもの」であ 
ると記されている。望みどおりの「発熱」効果を発揮するためには、少なく 
とも15分を要するだろうとする一方、「安全な範囲で望みどおりのいかなる 
ポイント」にもほとんど対応し、人々の能力を奪うことに用いることができ 
るだろうとしている。 


(出典 stat.ameba.jp)



(出典 blogimg.goo.ne.jp)

4

それは、数百万ドルの契約料を前払いする代わりに、マイケルがイギリス公演を、これから起きることになっている大量虐殺事 
象に対する警告の“機会”にすることに同意しているというのだ。 
 マイケルもアル・カリファ氏も、オーストリアの恐れを知らない調査ジャーナリストであるジェー 
ン・バーガーマイスター女史の長い間の支援者である。彼女は世界に向かって人類史上最大規模の犯罪が進められようとしていると警告している人物である。 

 「ジェーン・バーガーマイスター女史は最近FBIと共に以下の人々に対する刑事責任を申し立てた。 
世界保健機構、国連、その他政治家や会社役員で、生物テロと大量虐殺計画にかかわっている者達だ。彼女はまた強制ワクチン接種に対してもその禁止命 
令を準備している。こういった行動はバクスターAGとアビール・グリーン・ヒルズ・オーストリア生物工学社に対して、その汚染された鳥インフルエンザ製 
造に対して申し立てられた一件に続くものである。彼女は、こうしたことが、パンデミックから利益を得ようとする入念に計画された陰謀である、と言っている。 
 彼女の申し立ての中で、バーガーマイスター女史はアメリカの法律に反する生物テロの証拠を示している。これが連邦準備銀行(FRB)を支配している国 
際的な銀行家たち、世界保健機構、国連、北大西洋条約機構の指令の下で動いているグループによって起こされているとしている。 
 この生物テロは遺伝子工学によって合成された鳥インフル・ウィルスを用いて、アメリカ国民の大量殺戮を進める目的で行われようとしている。 
このグループはアメリカ政府の部局と連携している。

5

具体的に、被告である、バラク・オバマ・アメリカ大統領、デービッド・ナバロ・インフルエンザ 
対策システム・コーディネーター、マーガレット・チャン世界保健機構局長、キャサリーン・シベリウス保健福祉局長、ジャネット・ナポリターノ国土安保省 
長官、デービッド・ロスチャイルド、デービッド・ロック*ー、ジョージ・ソロス、ワーナー・フェイマン・オーストリア首相、アロイス・ストガー・オ 
ーストリア厚生大臣、中でもこの国際的犯罪企業シンジケートの者達は、財政上、政治上の利益を獲得するために、アメリカとその他の国々の人口を減少さ 
せるために、生物兵器を、製造・備蓄し使用したという。 
 この申し立ては、これらの被告たちは、お互いに共謀し、計画し資金を準備し、バクスター社とノ 
バーティス社と共に、内密の生物兵器計画の最終的実行段階に参加していた、としている。彼らはこれを、生物工学の力で行い、致死性の、とりわけ鳥インフ 
ルと豚インフルの生物学的医薬品を投入し、これを口実に強制ワクチン計画を実行に移そうとした。これはアメリカ国民に死と傷害をもたらす有害な生物学的 
医薬品を投与するということを意味する。この行為は反生物兵器テロリズム法の直裁的な違反である」 
 興味深いことには、マイケル・ジャクソンが暗*れた日、疫病管理予防センタ(CDC)は、彼ら 
の数学的なモデルは、100万人以上のアメリカ人が豚インフルに感染し、世界では5万8000人が豚インフルの症例として確認されていて、その内アメリカ 
人は半分ほどで、さらに悪いことには、緊急隔離地区は問題とされた地域に設定されつつある、と報告したことだ。 
 悲しいことに、そしてこの世界的スターが問題の多い人生を過ごしたことを認めながらも、このマ 
イケル・ジャクソンから人類全体に向けられていた真実の愛を取り去ることは決してできない。彼のその愛は、人類に向けられた賛歌である、「We Are The 
World」の中に最高に表現されている。 

 

(出典 Youtube)

7

アメリカのCIAも悪の軍団だよな 
そしてロックフェラーこそこの世の悪魔だよな 金正日なんてまだまだ小者って感じだ 


(出典 upload.wikimedia.org)

68

こわすぎる…

89

アメリカは生物兵器なんて考えてたのか 
マイケルはヒーローだったわけだ

97

こんな有名人に生物兵器を暴露されたら影響あるだろうな