ブログランキング参加中!応援宜しくお願いします!

猿(日本人)は、我々の家畜なのだから by  ハリー・S・トルーマン

 
猿(日本人)は、我々の家畜なのだから  by  ハリー・S・トルーマン
(出典 www.history.com)
ハリー・S・トルーマン
 
1884年5月8日-1972年12月26日
アメリカの政治家
ミズーリ州出身

アメリカ合衆国第33代大統領(1945年-1953年)を務めたこ人物であり、第34代副大統領(1945年)や上院議員(1935年-1945年)などを歴任。ルーズベルト大統領からの指名により副大統領に就任。

1945年のルーズベルト大統領の急死を受けて大統領に昇格。任期中に第二次世界大戦の終了、冷戦の始まり、国連の創成や朝鮮戦争など数多くの歴史的な出来事が発生しており、アメリカでは「戦争を早期終結に導き兵士の命を救った大統領」と称される。



 
政府にクーデターを起こした自衛隊を率いるゴトウを排除すべく、 
 
米国駐日大使トールマンに化身(原爆投下時のアメリカ大統領・トルーマンと、大陸間弾道ミサイルを「トールハンマー」と呼ぶことに掛けてこの役を振られたと推測される)。 
 
属性によっては交戦することにもなるが、いずれの結果においても「我がハンマーは振り下ろされた」の言葉を残し、東京にI.C.B.Mを撃ち込む。 

 
しかし原爆投下を決断したハリー・トルーマンの孫、クリフトン・トルーマン・ダニエルが、祖父のした事は大きな間違いであり「長崎」「広島」に謝罪した。

 
 
☆ハリー・S・トルーマン 日本人根絶やし発言
 
猿(日本人)を『虚実の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。
方法は、彼らに多少の贅沢さと便利さを与えるだけで良い。
そして、スポーツ、スクリーン、セックス(3S)を解放させる。
これで、真実から目を背けさせることができる。
猿(日本人)は、我々の家畜だからだ。家畜が主人である我々のために貢献するのは、当然のことである。
そのために、我々の財産でもある家畜の肉体は、長寿にさせなければならない。
(化学物質【添加物】などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。
これによって、我々は収穫を得続けるだろう。これは、勝戦国の権限でもある。



人の健康を損なう、摂取量の調査、安全確保というキーワードが出てる時点で『毒』である。