ブログランキング参加中!応援宜しくお願いします!

おかしな生き物が映ってしまう!?

2021-01-12

■見たことのない生物

 

 

これはゴブリンなのか宇宙人なのか?それとも的場浩司や釈由美子がよく遭遇する「小さなおじさん」なのか?不気味過ぎる。
 
■甲羅の様なタマゴ
これはエイリアンのタマゴと言われている映像。

これを見た専門家は爬虫類のエイリアンである可能性があると言う。
 専門家というのは、わからない生き物や、変な形をした物を見ると直ぐにエイリアンと言うのがお決まりです。
そもそも専門家というのは、エイリアンに遭遇した事がない。遭遇するのはだいたい一般人。よって遭遇した一般人の方が詳しい。正に滑稽である。

■巨人
何とデカい骨でしょうか。しかしその存在を隠すかの様に報道はされません。
存在自体が嘘で加工されているだけなのでは?と言われていますが、旧約聖書にはネフィリムという巨人が居たことが記されていている。

名前の意味は「(天から)落ちてきた者たち」
という事ですが、もし本当に存在自体してしまうと歴史がゴロリと変わってしまうので、巨人の存在を隠す必要があります。
この話が本当なら天空の城ラピュタですね。

この作品を創り上げた人物もまた○○○なので旧約聖書の通りに描いたのかもしれませんね。




 

1

 アメリカのとある家の防犯カメラに、ETなのか、エルフなのか…非常に奇妙な生き物が映ったと、 
米ニュースサイト『インサイド・エディション』が報じた。 

 去る6月7日に撮影されたヴィヴィアン・ゴメスさん宅の赤外線防犯カメラの映像は、約10秒間にわたっている。 
防犯カメラは旧式のようで、1回につき10秒しか録画できないため、映像が途切れてしまっている。 
フェイスブックにアップした後、「インサイド――」が取材し、UFOマニア界が話題騒然となった。 

 かなり細身でひょろっとした全裸の人型の生き物がゴメスさん宅のドアから出て、腕をふりふりしながら、 
がにまたで道路の方に歩いていくシーンが映っていた。 
映っている車との比較で、身長は90センチから130センチの間だと推測できる。 
典型的なリトル・グレイ型のエイリアンのようにも見える。もしくはエルフのようにも見える。 

 ゴメスさんは、「朝、防犯カメラの映像を確認したところ、これが映っていました。 
カメラは計3台ありますが、この1台にしか映っていませんでした」と話す。 
この生物については「何だか分からない」としている。 

 ちなみに、9歳の息子さんがいるが、「インサイド――」から、息子ではないかと問われると、 
「夜に、外を裸で歩かせません」と否定している。 

 本サイトでは昨年、「身長120センチのエイリアンが高速道路でヒッチハイクする動画」を報じた。 
まさにそっくりと言える。やはり、グレイ型エイリアンの可能性は高そうだ。 

 あるUFO研究家は「夢遊病の息子さんが帽子をかぶって裸で歩いているという説がありますが、全く違います。 
この映像を見ると、エイリアンの多くの特徴を持っています。上腕部が人間より1.5倍ほど長く、 
ひじから手首までが非常に短くなっています。体が細身なのに、頭部が極端に大きい。 
人間ではありませんね」と指摘している。 

 楽しげに歩いているように見えるので、「地球侵略」などという物騒な考えはないことを祈りたい。 

現地の公式配信ニュース映像(英語) 

(出典 Youtube)


https://www.excite.co.jp/news/article/Myjitsu_087728/ 

防犯カメラにバッチリ映った“楽しげに歩く”人型エイリアン


38

こわっ!まだ生きてたのか?


(出典 i.imgur.com)

52

俺はこっちの方が怖いわ 

(出典 i.imgur.com)

55

>>52 
これなんだよ突然変異か?哺乳類とは思えん

75

ウキウキで歩いててワロタ

94

ネッシー?


(出典 getnavi.jp)

96

こんな人魚は嫌だ〜!!!


(出典 img.tokyo-sports.co.jp)



(出典 Youtube)