ブログランキング参加中!応援宜しくお願いします!

驚きの技術『ドッペルゲンガー』を利用してしまう。サンド伊達も大ピンチ!?

2020-11-02

 

 
ドッペルゲンガー(独: Doppelgänger)とは、自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象である。自分とそっくりの姿をした分身。第2の自我、生霊の類。同じ人物が同時に別の場所(複数の場合もある)に姿を現す現象を指すこともある(第三者が目撃するのも含む)。超常現象事典
17キロバイト (2,198 語) - 2020年7月30日 (木) 07:01


驚きの技術『ドッペルゲンガー』を利用してしまう。サンド伊達も大ピンチ!?
(出典 tosidensetu-story.com)


 
「ドッペルゲンガー」日本語で「歩くコピー」
すなわち、自分自身が、自分の生き写しとしか思えない姿を目撃する事を意味します。
ドッペルゲンガーと遭遇すると死ぬという噂まである。
決して縁起の良い現象ではないのだが、近い将来ドッペルゲンガーを技術的に生み出し、利用するようになるかもしれないと経済学博士で、元グーグル社のデータ・アナリストであるセス・スティーブンズ・デイヴィッドウィッツ氏が「Big Think」の記事で、その内容を、次のように説明している。
「ドッペルゲンガーはビッグデータの中に存在する。あなたが体調を崩し病院にかかった場合、全患者のビッグデータの中からあなたと同じ症状を持つ『健康のドッペルゲンガー』を特定。その情報をもとに治療を組み立てることができるようになる」

 この「ドッペルゲンガー・サーチ」は、amazonのレコメンドにも応用できるという。amazonがあなたと同じ読書趣味を持つ「読書のドッペルゲンガー」を探す場合、全amazonカスタマーの宇宙から、あなたと同じ本を購入している人物を特定すれば良いのだ。読書のドッペルゲンガーが、あなたがまだ読んでいない本を高評価していれば、その本はあなたにとっても楽しめる本である可能性が高い。と述べている。

 

1

https://news.ameba.jp/entry/20181110-538/

お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおが8日にアメブロを更新。自身に“激似”な男性との2ショットを公開した。

この日伊達は「噂の正体!」というタイトルでブログを更新。「3年程前から、僕の目撃情報が宮城県内で多発していた。」といい、「『仙台北環状線でオープンカーに乗ってましたね!』『石巻で見ましたよー!』『南三陸町の道路ですれ違いましたよー』」など様々な目撃情報があり、「我々のラジオ番組『サンドウィッチマンのラジオやらせろ!』(FMいずみ)にも沢山の目撃情報メールが寄せられていた…。」と明かした。

続けて、「正体は、この方でしたー!! 石巻市長面地区で漁師をしておられる48歳の方でした!」と自身に“激似”な男性と相方・富澤たけしとの2ショットを公開。

さらに、「しっかり、白のオープンタイプのロードスターに乗ってました!(笑)」と述べ、噂となっていた白いオープンカーに乗る自身の写真を公開。「ドッペルゲンガーかと思う程激似!」とコメントし、自身と“激似”男性との2ショットを公開。「これで一件落着!」と安心した様子でつづるも、「やはりよく僕に間違われる様で。。」「ご迷惑お掛けしました本当に」と“激似”男性に謝罪の言葉をつづった。

富澤も自身のブログで“激似”男性について更新しており、伊達と“激似”男性の2ショットを公開し、「似てるっ!!」「これは間違うわ。」と感想をつづっていた。





2
3


その後意気投合し、二人で盛り上がる。こう見ると似てない様な・・・

4

人間味をではないドッペルゲンガー(笑)


5

何人いてんだ?


6
 
いつの間にか自分が貼られてる!

7
 
博物館で自分を発見!?

8
 
こっちを見るな!

9
 
なんで俺が二人居るんだ!

10