ブログランキング参加中!応援宜しくお願いします!

パンデミックは『30年も前から予言』されていた!岐阜新聞が凄い。

2020-09-13

 

 
 
パンデミックは『30年も前から予言』されていた!岐阜新聞が凄い。
(出典 www.asahicom.jp)

 

30年前の新聞に、まるで現在のパンデミックを予言するような記事があった。



この記事は、1990年5月2日付の岐阜新聞で伝えられていた。
地球温暖化が感染症を拡大させるといった内容の記事だ。

世界的な環境問題の地球温暖化についてで、WHO(世界保健機関)の中島宏事務局長が「気候変化の健康被害」なる報告書で「伝染病の大流行をもたらし、世界人口の半分近くが伝染病にか かる恐れがある」と警鐘を鳴らしたものである。

これによると、2020年にはマラリアなどの病原体が繁殖できるほどに気温上昇が予測され、アフリカや南米などで大流行、東南アジアで寄生虫なども広がり、さらにオゾン層の破壊による紫外線量 が増加が人間の免疫力が低下させるため、 熱波による高齢者や新生児、心臓病などを持つ人々の死者が急増し、食糧不足にも陥るとしている。結果、当時53億人だった人口の約半数にあたる26億人が被害に遭うとも書いていた。


1
『地球温暖化により2030年に世界全体が暗くなるグローバル・ ディミング(地球暗黒化)の影響で2040年までに世界人口が4分の1以下に減少する』

2

『NWO』  NEW WORLD ORDER

新世界秩序 しんせかいちつじょ

国際政治学の用語としては、ポスト冷戦体制の国際秩序を指す。また陰謀論として、将来的に現在の主権独立国家体制を取り替えるとされている、世界政府のパワーエリートをトップとする、地球レベルでの政治・経済・金融・社会政策の統一、究極的には末端の個人レベルでの思想や行動の統制・統御を目的とする管理社会の実現を指すものとしても使われる。

3

こいつらもイルミナ?









パンデミックは『30年も前から予言』されていた!岐阜新聞が凄い。パンデミックは『30年も前から予言』されていた!岐阜新聞が凄い

4

5

日本乗っ取られてる感じしかしない記事。
パンデミックを利用するな!

米投資企業「ロジャーズ・ホールディングス」のジム・ロジャーズ会長は、新型コロナウイルスのパンデミック時に、輸送や観光業界の企業の株式に投資しただけでなく、大きく下落した日本の上場投資信託(ETF)も購入した。ロジャーズ氏がロシアのビジネス紙「RBC」のインタビューで語った。
(中略)
ロジャーズ氏の新たな投資先の中には日本のETFも含まれている。同氏は、日本市場は45%下落という歴史的な暴落を記録したが、米市場は上昇を続けていると指摘し、「今上昇している市場よりも、下落している市場に投資する方が好きだ。だから私は米国ではなく、日本に投資する」と語った。

同氏はさらに、「日本のETFを購入したのは、日本銀行がETFを買い入れていたからだ。日本銀行がそうするなら、私もそうする」と述べた。

ロジャーズ氏は投資対象として魅力的な国として、最近投資したロシアと中国を挙げた。さらに同氏はベネズエラが「災難に見舞われている」として、米国以外の投資家はベネズエラをよく見ておくようにとアドバイスした。

ロジャーズ氏は、「崩壊した国に投資すれば、大抵の場合5?6年で大儲けができる」と語った。

ソースはスプートニクだけど凶報は凶報
https://jp.sputniknews.com/business/202008137694065/