ブログランキング参加中!応援宜しくお願いします!

「快傑えみちゃんねる」終了の裏で『上沼恵美子』の恐怖の飲み会。。ついでに鶴瓶の事も大嫌い?

2020-12-18

「快傑えみちゃんねる」終了の裏で『上沼恵美子』の恐怖の飲み会。。ついでに鶴瓶の事も大嫌い? (出典 img.sirabee.com)
■上沼恵美子は鶴瓶が嫌い?

昔は関係も良好だった。当時、鶴瓶さんは正月になると、上沼さんに内緒でダンナさんを誘って南の島に行き、一緒にハメを外していました。後にその事を知った上沼さんは大激怒。鶴瓶さんに向かって『何勝手に連れ回しとんじゃ〜!』と鬼の形相で説教したそうです。 松本人志さんも、鶴瓶さんとは共演NGと「快傑えみちゃんねる」で言っていましたが、それには上沼恵さんも共感していました(笑)

1

 関西テレビは7月21日、上沼恵美子が司会を務めるトークバラエティ番組「快傑えみちゃんねる」の放送を、 7月24日の回をもって終了すると発表した。 25年間続いた長寿番組が突如終了となった背景には、6月に起きたキングコング・梶原雄太の降板騒動と、 上沼・番組スタッフ間の衝突があったと見られている。 24日の放送で1056回目を数える“人気番組”の裏で、一体何が起きていたのか――。

◆◆◆

「“数字”を持っている上沼さんに物を言える人は誰一人いません。 今までの“前科”もあって、また同じような騒動が起きるのではと心配です」(番組スタッフ)

 上沼恵美子(65)の冠番組からお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(39)が降板した舞台裏を「女性セブン」(7月16日号)がスクープ。 “西の女帝”の足元がぐらついている。

「快傑えみちゃんねる」が突如終了の裏で……上沼恵美子“恐怖の飲み会”で何が起きていたのか? https://bunshun.jp/articles/-/39080

4

この上沼恵美子って人は関東で例えるなら和田アキ子みたいな存在?

12

>>4 売れないシングル出してるから間違ってはない

39

>>12 曲作ってくれた人を忘れないのが上沼

91

>>4 和田に似ているが喋りの能力は段違い 和田は喋り下手くそ 上沼は上手い ただどちらもパワハラがキツい

6

恵美子が頼んだ唐揚げにレモンをかけてあげただけなのに

7

飲み会で居眠りしていたスタッフは担当を外され……

「長時間の収録の後に行われた番組の飲み会の席で端に座って居眠りをしているスタッフがいた。 それに気づいた上沼さんは『なんなのよ』と。不興を買ってしまったスタッフはすぐに担当を外され、さすがに恐怖を覚えましたね」(同前)

 誕生日のお祝いや、ホワイトデーはお返しが欠かせない。

「可愛がっていたアナウンサーの結婚式に上沼さんが花を出したのに、お礼がなかったと激怒したと聞きました。 シャネルやバカラなどブランド好きな上沼さんに、事前にリサーチして持っていないものを贈るようにしています」(テレビ局関係者)

 テレビ局まで送迎する運転手にもうるさい。

「ブレーキを何回も踏むと怒られるし、ルートについても細かく指示をするそうです。 そのため上沼さんに気に入られた人がずっと担当しています」(同前)

 そんな上沼のハートを掴んでいたはずの梶原だが、何があったのか。

「YouTuber“カジサック”の活動で多忙となった梶原さんは挨拶などの態度にも驕りが出てしまっていたようで、 上沼さんはコロナ禍の自粛期間中に連絡をしてこない彼に不満が溜まっていた。 また、ねっからの芸人気質の上沼さんはつまらないトークはしたくないという思いが強く、結果的にこういう騒動になったのでしょう」(同前)

 7月6日、生放送に向かう上沼を直撃するも無言。事務所に確認したが期限までに回答はなかった。

“怪獣”キングコングとのバトルがお蔵入りした上沼。今回は“怪傑”えみちゃんとはならなかった。

22

>>7 どれをとっても、そこまで理不尽なことは言ってない感じだけどなあ こういうタイミングで出てくる記事がこの程度なら、そんなに難しい人という印象はないわ

28 >22 

そう思うならお前も気を付けたほうがいいよ ちょっと注意すれば済むレベルの話だよ、どれも

周りが勝手に忖度してるだけかもしれないし、この記事が大げさなのかもしれないけどね

33

>>22 どれをとっても、関係者がそこまで理不尽なことはしてない感じだけどなあ この程度で機嫌を損ねるなら、そんなに難しい人とは近づきたくない印象だわ

59

>>22 芸能人じゃなくても大物の我儘ってもっとエグいこと平気でやるよな 何十年もやってるんだろうけど、話の行き違いとかで誰にでもたまに起きそうなことかただ単に回りが忖度しただけの話しか書いてない

89

>>7 えらいさんってこんなもんじゃね 気を抜くのはいなくなってから