ブログランキング参加中!応援宜しくお願いします!

「韓国」北朝鮮の反日精神65.7%を上回り、71.9%に鰻登り

2020-12-18

「韓国」北朝鮮の反日精神65.7%を上回り、71.9%に鰻登り (出典 assets.media-platform.com)
韓国人は在日韓国人の事をどう思っているのか?「兵役の義務」を果たさなければ韓国人ではないと韓国ニュース番組で取り上げられた事がある。では日本人の多くは、在日の方々をどう思っているのだろうか? 

↑↑↑

この事実を存じてる人は、やはり嫌っているのかと思います。 少しネットでの声を例にあげると、「外国人なのに日本人と同じ施しを受けられると勘違いしている」「日本人は許可されないが、在日の人は高確率で受給できる」との意見が挙がっている。 それを「はいはい」と許可をしている厚生労働省に問題がある。日本の議員に日本人が少ないのも1つの原因である。

1

 懸け橋、という言葉がある。

 定かではないが、自分で使ってみた記憶はほとんどない。かつては特にどうとも思わなかったが、韓国に住むようになってからというもの、積極的に使いたいとは思えない言葉になってしまった。

 だが、そう思うようになってから、私の目の前では使う人が増えていったような気がする。

 「日韓の懸け橋になりたい」

 そんなことを言われてしまうのだ。

 でも、私はすぐに「そんな無理をするのはやめた方がいいよ」と返事をする。 ■ 自己犠牲の精神に何度も驚愕

 相談を切り出してくる人の年齢はさまざまだが、記憶をざっとたどると、若い人が多い。日本語を勉強している大学生や、ワーキングホリデーや留学などで韓国で暮らしている日本人もいる。私の教え子数人もそのなかに含まれる。

 彼らが私についついそう言ってしまいたくなるのは、理解できなくもない。というのも、私は日本人であると同時に韓国でかれこれ15年も暮らしているし、日韓交流おまつり、という交流事業でもそれなりに積極的に関わっていたことがあるからだ。

 だから、私に「日韓の懸け橋になりたい」と切り出すときに、まさかそれを否定されるだなんて、思ってもいないのだろう。その証拠に、「やめた方がいいよ」と答えると、キョトンとした顔をする。顔というのは、正直だ。

 「日韓の懸け橋」なんて、いかにも美しい言葉ではないか。でも、私には、そのいかにもの美しさが、好きになれない。「日韓の人たちは、がんばってでも仲良くしましょう、そのために、自分が近くて遠い2つの国を繋いでみせます!」と、自己犠牲に満ちた表現になってしまうからだ。本人たちに聞いてみても、“人生を捧げます”というくらい強い意味で使っているという。

 その自己犠牲の精神に、私は何度も驚愕してきた。 「日韓の懸け橋」はいかにも不毛である。まず、国通しの関係が良くない。その上、日本には嫌韓感情があり、韓国には反日感情がある。そんな状況は、数十年単位で改善するとは思えないし、それどころか、両国相互の感情はこれからもっと悪くなるだろう。年を重ねてから「私の人生何だったのか」なんて思うのがオチだ。

 そんな若者の将来が見え見えだから、私は、「世の中にはもっと楽しいことがあるから、それは考え直した方がいいよ。日韓はきっと、根本的には変わらないから、もっと気楽に日本のことに関わってよ」と、アドバイスをする。

■ 北朝鮮よりも日本に「敵がい心」

 とはいえ、そのアドバイスに自信があったわけではない。その根拠としてきた日韓両国民の感情の対立は、あくまでも私が日本人として韓国で生活するなかでの実感として思っていただけだったからだ。

 ところが、それをデータとして明確に示してくれる記事がつい先日、出てきた。中央日報による7月8日付の報道で、日本に対して敵がい心を抱いている韓国人は71.9%にのぼり、対北朝鮮の65.7%を上回るという。

 この数字が異様に合点がいった。

 敵がい心という言葉も微妙な訳だが、原文で使われている「敵対感」は、政治外交上での意味も含む。だから、韓国という国にとって脅威だと思うかを問うアンケートだと考えればよい。

 韓国人が日本に敵対感情を抱いてしまうのは、いわゆる歴史認識問題で韓国に厳しい姿勢をとる安倍首相の存在が大きい。ともかく安倍首相のことは無条件に嫌いな人がほとんどで、とくにこの数年は、徴用工裁判の影響もあり、そんな傾向が強い。

 では、日本の首相が別の人になれば、対日感情ははっきりと改善するかというと、そうは思えない。というのは、韓国社会が徐々に内向きで排他的になっていることも、記事で指摘されているからだ。

平井 敏晴:韓国・漢陽女子大学助教授 https://news.yahoo.co.jp/articles/dd315592bebad7e012a474b1cf430f133c789546
70

>>1 決定打は8/4の現金化かの許可だ

3

 たとえば、中国への敵がい心はこの5年間で16.1%から40.1%に増加した。また、多民族・多文化国になるべきだと考える人は、この10年間で60.6%から44.4%に、つまり、約4分の3まで減少した。さらに、外国人居住者を受け入れるのに限界があると回答した人は増えていて、10年間で48.9%から57.1%に膨らんだ。

 また、日本語では報じられていないようだが、この調査に関連する別の記事もある。国際結婚の家庭の子どもたちのことを韓国人だと思えるか、という質問に対して、肯定的な回答をしたのは、10年前の36.0%から17.1%と減少した。さらに、そうした子供を韓国人だと思えないと回答したのは、18.8%から32.4%に増加している。

日本も内向きだと言われているが、韓国にしてもなかなかの内向き志向ではないか。しかもその傾向が強まっているのがデータから一目瞭然なのだ。

だが、韓国でそれを問題として扱うニュースや論説記事が、果たしてこの数年間でどれだけ報じられたのであろうか。私にはその記憶がない。その一方で、我が家では日本の放送はNHKの国際放送しか視聴できないが、日本国内に暮らす外国人の苦労話の報道は何度も見ている。ということは、韓国社会は、いま、自分たちが内向きに傾いていることに無自覚でいる、あるいは、そこから目を逸らしているのだ。

■ 肩の力を抜いて、できることをやる

国内に蔓延しつつある内向き志向をどう克服するかは、韓国社会が今後10年以上かけて向き合っていくべき課題となるであろう。 そのうえで諸外国の事情を受け止められるようになるのには、もっと時間がかかるに決まっているし、果たしてそれができるようになるのかでさえ、未知数である。

そのなかで、歴史認識問題ですれ違う日韓両国民で、どれだけ理解し合えるのだろうか。ここでは日本の状況を書く余裕はないが、程度の差こそあれ、似たり寄ったりだと思っている。だから、無理して付き合いを深めるよりも、興味のある人が肩の力を抜いて往来し、互いに協力できることはそれなりにやればいい。そういうことは、肩に力を入れなくても続けられるはずだ。

ちなみに、韓国が好意を寄せる国はアメリカだった。敵がい心を持つ人の割合は上昇したが、トランプ政権による韓国への辛めの対応のわりに、10.2%に留まった。ヨーロッパの国々に対してはデータがなかったので不明だが、実感としては、アメリカに近いはずだ。ちょっと皮肉な言い方かもしれないが、韓国社会はいま、脱亜入欧に傾いている。

4

ん?前から反日だろ

5

前からじゃん 反日の英才教育してるし

9

それでも日本に入国する

11

ちゃんと千年恨めよ 大統領が言っただろ

15

おい28%も愛国心が足らないやつがいるぞきちんと”教育”しろ

17

大多数の普通の日本人は韓国が好きなのに片思いか 阿部は韓国に謝罪してほしい 普通の日本人は韓国と仲良くしたい

20

>>17 日本国民の8割以上が嫌韓ですが?

65

>>17 阿部寛、阿部慎之助は何を 韓国謝るんだ? 安倍晋三だとしても何を謝るんだ 約束を何度も破ってる韓国、文在寅が安倍に謝れよ。 謝ったからとしても許さないけど。

18

わかったから関わってくるな

22

無理に仲良くする必要なんてない

23

現実的な実行をしてくれないと 政府も動きにくいだろ

27

暗い話題が続く中明るい話題もあるもんだな

29

だーかーらー嫌いな国に居る同胞を早く救い出せよ! 強制連行されてきたらしいから 国連の人権委員会に訴えてやれよ!

30

だったら就職に来んな 数十年経ったら強制労働させられたて絶対言い出す

32

(出典 i.pinimg.com)

2000年前半からコレだから変わってねーわ

33

俺らは何もしてないのにw

38

残り28%もいるのか

42

日本も80%以上が嫌韓とかアンケートでやってたよな前に

43

まだ28%も親日派がいるのか ムンは親日派の投獄をしっかりやれ!

44

それで良い、それが良い。

45

JYパーク、あんた凄いな。俺は認める。

(出典 kurutonblog.com)
48

二階が出てこないといい関係になるんだね!

66

それでも日本に来る意味がわからん

81

日本が煽ってんだろうが

100

じゃあもう輸出管理にも文句言うなよ 敵対国と貿易すんのか? そもそも3年無視したのは誰だよ!