ブログランキング参加中!応援宜しくお願いします!

座ったらお尻から魚が入ってきたんだが。。。

2020-07-23

NO.8571142 2020/06/13 17:22

直腸から生魚丸1匹を摘出された中国男性 「座ったら入ってきた」と主張
座ったらお尻から魚が入ってきたんだが。。。
さまざまな激しい症状を抱え、緊急治療を必要とする人々に対応する病院の救急外来では、異物の摘出手術の件数も少なくないという。 担当医師たちは、一体なぜ…と絶句してしまうようなモノを目にすることもあるようだ。 ■激しい下腹部痛を訴える 中国・広東省の肇慶(ちょうけい)市にある「肇慶市第一人民医院」。 この病院の医師が今月2日、激しい下腹痛を訴えて来院した30歳の男性患者の直腸から、とんでもないモノを摘出する様子をオンラインで公開した。 映像を見た人々は男性の愚行に「あり得ない」と呆れ、当人が放った苦しい言い訳は苦笑を誘っている。 ■「座ったら入ってきた」 男性患者の下腹部について画像診断を行った医師は、直腸に大きめの魚が一匹まるごと存在することに気付いた。 「なぜこんなモノが直腸に」と侵入の状況を尋ねた医師に、男性は「誤って魚の上に座ってしまったら、中に入ってきた」などと返答した。 医師は呆れ、その言い訳を無視。男性の愚かさを世界中の人々に見てもらおうと、摘出手術の様子をオンラインで公開することを思いついたという。

■鋭い背びれが腸壁を…

外科的手術により摘出された魚は、「カワスズメ(モザンビーク・ティラピア)」だと判明。最大で40センチメートルまで成長する淡水魚で、海外では食用にされている。 男性は「自分でも懸命に引っ張り出そうとしたが、無理だった」と説明しており、カワスズメの強く鋭い背びれがひっかかったのか、腸壁にはダメージが確認された。肛門から侵入した当時、魚が生きていたか否かは不明だ。

■想像をはるかに超えた悪臭

医師は「(男性の体内から)出てきた途端、その魚は想像を絶する悪臭を放った」とも言い添えている。医療用のマスクをしていてもなお、手術室の誰もが吐き気をもよおしてしまったそうだ。 カワスズメの内臓は激臭を理由に嫌われており、食用にさばく際は決して内臓に触れず、可食部のみを切り取る方法が取られるという。
【日時】2020年06月13日 【ソース】しらべぇ
【関連掲示板】
[匿名さん]
(出典 byouki-scope.empower-column02.com)
中国はこういった類のニュース多すぎる。 そういう文化なのか好奇心旺盛なのか。。。 人がしない事に挑戦して自慢する番組見ていると、珍しくないのかもしれないが。。。 何はともあれ人に迷惑かけないチャレンジをしてほしいものだ。 体は大切に(笑
#1 [匿名さん] :2020/06/13 17:23

ひゃあ

#2 [匿名さん] :2020/06/13 17:24

プレイか?

#3 [匿名さん] :2020/06/13 17:24

丸飲み

#5 [匿名さん] :2020/06/13 17:25

直腸に魚侵入

#7 [匿名さん] :2020/06/13 17:26

中国人あるある

#9 [匿名さん] :2020/06/13 17:27

異物挿入は限界チャレンジしてるようにしか思えない。

#10 [匿名さん] :2020/06/13 17:27

だけに海の親痔

#12 [匿名さん] :2020/06/13 17:30

こんなん入ったアルよ、ギョギョアルよ

#13 [匿名さん] :2020/06/13 17:34

飼ってましたとか…(笑) 上手いこと言えよ?

覇権は嘘が下手過ぎる。

#14 [匿名さん] :2020/06/13 17:58

せめて焼いて食べなよ

#15 [匿名さん] :2020/06/13 18:00

なんで全裸で座るかな〜☺️

#16 [匿名さん] :2020/06/13 18:18

・中国人男性、お尻から入れたウナギが胃まで登ってきて摘出手術

・中国人男性、お尻から入れた懐中電灯が取れなくなり摘出手術

・中国人男性、USBケーブルを尿道に入れ取れなくなり摘出手術

・中国人男性、箸を尿道から入れ直腸まで到達、取れなくなり摘出手術

・中国人少年、尿道に磁石ボール70粒を詰めこみ摘出手術

・中国人男性、箸を尻に挿入、取れなくなり摘出手術

・中国人男性、生魚丸1匹を尻に挿入、取れなくなり摘出手術←New!!